お肌は紫外線を受けてからすぐに黒くなるのではなく、遅れて黒くなる

秋になると紫外線も少なくなってお肌に優しい季節になるかと思いきや、どーやらそうでもありません。
秋は肌にとって特別な季節ですから、秋用の肌ケアが必要になります。

紫外線を受けたお肌は黒くなる。
これは誰もが理解していることですが、「夏」に紫外線を受けたからといって肌が黒くなるのは「夏」だけじゃありません。「春から夏」にかけて強い紫外線を受けた肌は、秋になる頃お肌の表面に色素が現れます。そのため、お肌は秋に一番暗い色になるのです。
肌の奥に生まれたメラニンを排出しようとしますが、これが追い付かなくなるからです。
お肌は紫外線を受けてからすぐに黒くなるのではなく、遅れてジワジワと肌に現れるのです。

さらに、紫外線はメラニンを作りだすだけでなく「角質肥厚」を引き起こします。
夏に紫外線攻撃を受けてきたお肌は、何としてでもあなたを守ろうとします。
その結果、肌を厚くすることでバリアを作りあなたを守ろうとします。
こうして角質が増えていってしまい、肌の上に角質が何層も重なってしまうのです。

角質はあなたを守る大切なバリア機能になりますが、同時に肌が乾燥するだけでなくスキンケアも浸透しにくくなってしまいます。


続きを読む>>