お肌は紫外線を受けてからすぐに黒くなるのではなく、遅れて黒くなる

秋になると紫外線も少なくなってお肌に優しい季節になるかと思いきや、どーやらそうでもありません。
秋は肌にとって特別な季節ですから、秋用の肌ケアが必要になります。

紫外線を受けたお肌は黒くなる。
これは誰もが理解していることですが、「夏」に紫外線を受けたからといって肌が黒くなるのは「夏」だけじゃありません。「春から夏」にかけて強い紫外線を受けた肌は、秋になる頃お肌の表面に色素が現れます。そのため、お肌は秋に一番暗い色になるのです。
肌の奥に生まれたメラニンを排出しようとしますが、これが追い付かなくなるからです。
お肌は紫外線を受けてからすぐに黒くなるのではなく、遅れてジワジワと肌に現れるのです。

さらに、紫外線はメラニンを作りだすだけでなく「角質肥厚」を引き起こします。
夏に紫外線攻撃を受けてきたお肌は、何としてでもあなたを守ろうとします。
その結果、肌を厚くすることでバリアを作りあなたを守ろうとします。
こうして角質が増えていってしまい、肌の上に角質が何層も重なってしまうのです。

角質はあなたを守る大切なバリア機能になりますが、同時に肌が乾燥するだけでなくスキンケアも浸透しにくくなってしまいます。

秋には確実な冬の準備が必須です

秋は気温が下がって過ごしやすくなりますが、肌は汗や皮脂が出にくくなり、より乾燥しやすくなります。
そんな乾燥した肌に追い討ちをかけるように、風が強くなって肌の乾燥が加速していきます。
つまり、秋は乾燥との戦いになります。

一方で、洗浄(洗顔)は比較的簡単になります。
夏はお肌が汚れやすいけれど、秋は汗をかきにくいから汚れにくい訳です。
つまり、秋のスキンケアとは汚れを落とすよりも保湿を最優先しなくてはいけないのです。
もちろん洗顔も大切ですが、夏ほどではありません。
肌の汚れが落ちてなければスキンケアの浸透が難しくなりますから。

秋の保湿が大切な理由はもうひとつあります。
それは、次にやってくる冬の到来です。
冬場は乾燥のピーク。
秋は、もうそこまでお肌の乾燥期が迫っている季節なのです。
もし秋の乾燥を残しておくと冬の乾燥に肌は耐えられなくなります。
水分不足に耐えられなくなったお肌は、いろんなトラブルを引き起こしてしまいます。
秋という季節は春から夏の問題をリセットして、冬という乾燥期に備える季節なのです。秋の乾燥を残してしまうと、冬の保湿をどんなにがんばってもケアが追い付きませんから、本格的な冬の乾燥期の前にカサカサ肌を防いで下さい。

それでは、もうすぐくる乾燥期に備えて秋のスキンケアを徹底してください。