オルニチンが含まれている食品は“しじみ・だだちゃ豆”とあります。
少し前にもしじみダイエットが流行ったことがありますのでご存じの方もいらっしゃると思います。

お求めやすい3個セットもあります

オルニチン・アルギニンの効果

オルニチンとよく似た作用を持つ成分には、アルギニンと呼ばれるものがあることをご存知でしょうか。名前も良く似ていますが、オルニチンとアルギニンは、実は同じアミノ酸の仲間です。オルニチン遊離アミノ酸に属する成分で、アルギニンは幼児にとっては必須アミノ酸であり、成人には非必須アミノ酸とされています。

サプリメントとして知られているオルニチンですが、アルギニンと一緒に摂取する事で、より効果が高まる事がわかっています。アルギニンはオルニチンと同じアミノ酸ですが、オルニチンのような血中に存在する遊離アミノ酸とは違い、アルギニンはタンパク質の材料となる必須アミノ酸です。

オルニチン配合のサプリメントやアミノ酸ドリンクが注目される中で、ダイエットと健康により効果的にと思うのであれば、オルニチンとアルギニンの成分を合わせて摂取することをおすすめします。

アルギニン等の必須アミノ酸は、タンパク質を構成して身体を構成します。この為、必須アミノ酸が不足すると、細胞が新しく生まれ変わらなくなってしまい、身体が疲れやすくなったり免疫力の低下がみられたりするようになってしまいます。

この2つのアミノ酸は、同じアミノ酸の仲間でもそれぞれ性質の違いがあります。性質の違うアミノ酸をコンビネーションさせることで、相乗作用による効果がより期待できるというわけです。

対する、遊離アミノ酸は普段は血中にとけこんで体内を循環し、アミノ酸が不足している場合は補うように働いたり、肝臓や筋肉などの働きを助けたりしています。必須アミノ酸と遊離アミノ酸という違いがありますが、オルニチンとアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

オルニチンとアルギニンは、ともに成長ホルモンの分泌を促進させるという作用はいずれも同じです。アルギニンは成人は非必須アミノ酸で、幼児は必須アミノ酸とさきほどご説明しましたが、それは人間の成長期に大きく関わるアミノ酸だからです。

成長ホルモンは子供が成長する際に必要であると考えられていますが、大人であっても細胞をあたらしくする為には、成長ホルモンの働きが重要になります。また、成長ホルモンは肌の代謝を促して若々しい肌を保ったり、筋肉の働きを発達させて脂肪の燃焼を促してダイエット効果を高めてくれる働きもあります。

オルニチン・アルギニンのバランス

オルニチンだけでも十分とされていますが、アルギニンと合わせて摂取することにより、美容やダイエット、健康維持、成長にはこの2つのアミノ酸は必須ですのでよく覚えておいて下さい。

オルニチンをサプリメントで毎日補うだけでも、健康促進や美容効果が期待されますが、アルギニンも一緒に摂取する事で、相乗効果により効果が高まるとされています。オルニチンが不足すると必須アミノ酸のアルギニンの低下にも関係するとされており、バランスよく補っていく事が求められます。